ホットフラッシュによる化粧崩れ対策

一度お試しください。

⇒ RakuLive/ラクリブ公式販売店

ホットフラッシュによる化粧崩れ対策

ホットフラッシュによる化粧崩れ対策

更年期になると女性の体に様々な変化が生じます。

この時期の女性の悩みで多いのがホットフラッシュです。

ホットフラッシュの原因のひとつが自律神経の乱れで、急に大量の汗が出て化粧崩れが気になる人もいます。

ホットフラッシュによる化粧崩れを回避するためには、様々な対策があります。

汗を大量にかく場合は、水に浸して絞ったスポンジを用意します。

スポンジにパウダーファンデーションをとり、メイクアップのベースをつくります。

水分のあるスポンジのおかげで、ファンデーションがより肌に密着します。

ファンデーションの密着度が高くなることで、汗をかいても化粧が崩れにくくなります。

強いカバー力のあるファンデーションでも、絶対に崩れないようにするのは無理な話です。

汗をかくことを前提にして、外出先でメイク直しができない状態でも恥ずかしくないベースメイクをしていきます。

更年期の女性はホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーが乱れる人が多いです。

女性ホルモンの減少によって肌のバリア機能が低下すると、紫外線など外部の刺激に弱くなり乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると、過剰な油脂が出て顔が油っぽくなるので注意が必要です。

毎日のスキンケアのときに保湿をしっかりすることで、化粧がのりやすくなり化粧が崩れにくくなります。

のぼせやホットフラッシュが頻繁に起こる助成は、化粧水を冷蔵庫で冷やしておきます。

洗顔した後の肌に化粧水をつけると、毛穴が引き締まり皮脂が出にくくなります。

コットンで化粧水をつけた後は、手でプレスして化粧水を浸透させます。

美容液やクリームをつける場合は、最後にティッシュなどで軽く押さえて皮脂を取っておくと化粧崩れを防ぎます。

ベースメイクでは下地が需要になります。

スポンジで下地を丁寧に伸ばし、ファンデーションは控えめにとってつけます。

ファンデーションの量が多すぎると、油分が多くなり化粧崩れの原因になります。

ファンデーションをスポンジにとったら中心から外側に向かって薄くのばし、フェイスパウダーで仕上げます。

私(サイト運営者)がホットフラッシュに試してみて良かったラクリブ

詳しくは ⇒ RakuLive/ラクリブ公式サイト

ありがとうございました。
トップへ戻る
error: Content is protected !!